Event is FINISHED

rebuilding our local life 〜みんなでつくる地方の住まいと暮らし〜

Description
地方で理想の暮らしをじっくりつくり上げたい。
都市と地方を行き来して、オンとオフを充実させた暮らしをしたい。


近年、自分の暮らしをより良くするための一つの手段として、地方の暮らしが注目されています。


しかし、
地方といっても場所により千差万別で個性があり、
インターネットに落ちている情報は良い面あるいは、悪い面が断片的に発信されていて、なかなか実情がつかめないことはないでしょうか。


そんな暮らし方の実践者と暮らしの発信者の二人の対談から、新しい暮らし方のヒントを覗いてみませんか?


今回は長野県諏訪市のリビルディングセンタージャパン代表の東野さんと住宅雑誌「住まいの設計」 編集長の丸さんの対談から地方の暮らしの『今』をお聞きします。


都会・地方の暮らしについての考えから、みんなでリノベーションしてつくり上げる場所で暮らす生活、地方暮らしの経験談。


特にリビルディングセンタージャパンを取り巻く諏訪周辺の諏訪市、下諏訪町で起きているリノベーションをきっかけにした商店街活性化、これから本格的に始動する元リハビリテーションセンターの公共施設「ホシスメバ」など、今から起こる期待のプロジェクトまで。


暮らし方の発信のプロと地方での暮らしの実践者のお二人のお話がじっくり聴けるのは今回だけです。


この機会に二人の話を聞いて、理想の暮らしへの第一歩を踏み出しませんか?


ゲスト


リビルディングセンタージャパン 代表
東野 唯史 さん

84年生まれ。名古屋市立大学芸術工学部卒。
2014年より空間デザインユニットmedicalaとして妻の華南子と活動開始。全国で数ヶ月ごとに仮暮らしをしながら「いい空間」をつくりつづけてきました。
2016年秋、建築建材のリサイクルショップReBuilding Center JAPANを長野県諏訪市に設立。ReBuild New Cultureを理念に掲げ、次の世代に繋いでいきたいモノと文化を掬いあげ、再構築し、楽しくたくましく生きていける、これからの景色をデザインしていきます。
NHK総合「サキどり」テレビ東京「ガイアの夜明け」などメディア多数出演。
2018年環境省グッドライフアワード環境地域ブランディング賞受賞」


住まいの設計 編集長
丸 洋子 さん

扶桑社発行の住宅雑誌「住まいの設計」、マンションリノベ雑誌「リライフプラス」、WEB媒体「日刊Sumai」編集長。様々な住宅を取
材し続けて15年。子育て期終了を機に、長年計画してきた二拠点移住を実行すべく画策中。


開催概要
時間:19:00~22:00 (開場18:30) ※前半対談、後半懇親会を予定
会費:2000円
会場:block 日本一ハードルの低いレコード屋(東京都文京区根津2-8-1)
Mon Dec 10, 2018
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本一ハードルの低いレコード屋block
Tickets
チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都文京区根津2-8-1 Japan
Organizer
下諏訪町 @block
10 Followers

[PR] Recommended information